So-net無料ブログ作成

松坂桃李の経歴は?映画『ツナグ』でアカデミー賞、新人俳優賞に [エンターテイメント]

松坂桃李さんの経歴を紹介!
金曜ロードショーで放送された映画『ツナグ』で
アカデミー賞の新人俳優賞に選ばれました。

松坂桃李


画像の引用元はこちらの動画です。



映画『ツナグ』は興行収入累計16億円越えの
観客動員ランキング1位。
モンスタームービーになりました。


■松坂桃李の経歴

雑誌専属モデル⇒戦隊モノ⇒映画主演⇒NTTドコモ、
サッポロビール等CM出演⇒大河ドラマ出演。

おおまかにこんな流れで来ています。
その間わずか6年。

ちなみに松坂桃李(まつざかとおり)という名前は本名です。

2012年~2013年、最も売れた俳優の一人だと思います。

過去に情熱大陸で自分を一言で表すと
「どこにでもいる男の子」と答えました。
謙虚ですね。


1988年10月17日生まれ
(大島優子と同じ誕生日)の若干25歳、


神奈川県出身で、所属事務所はトップコート。

トップコートと言えば渡辺謙さんの娘の杏さんや、
ホモ疑惑の成宮寛貴さんも所属する
ナベプロの派生会社です。



2008年に行われた「FINE BOYS」という雑誌が
主催するオーディションでグランプリを受賞し、

FINEBOYSの専属モデルになりました。


俳優より先にモデルから
キャリアをスタートさせています。


ほぼ同時期にトップコートのタレント養成所の8期生になり、
2009年に侍戦隊シンケンジャーの
シンケンレッド役で輝かしい俳優デビューを飾りました。


戦隊モノで“レッド”ですから、
その時点でよっぽど間違えない限り、出世ロード確定?!



中の人が松坂桃李さんというわけではないかww


侍戦隊シンケンジャーに出演した経歴が
後にも生かされ、仮面ライダーディケイドや
海賊戦隊ゴーカイジャーにもちょこちょこと出演されています。

松坂桃李さんは2013年に実写版ガッチャマンで
主演を務めていますから、戦隊モノでの経歴は
彼にとって欠かせないものになったといえますね。



まだまだ活動期間が短い割に
映画の主役率が高いのが彼の経歴を見ていく上で
注目すべき点です。


原作さだまさしの『アントキノイノチ』で主演、
『ツナグ』で主演、
『今日、恋はじめます』(小学館コミックの少女マンガ原作)で主演。

松坂桃李さんがなぜ
これほど主演に選ばれる率が高いのでしょうか?

それにはそれなりの理由があると思います。

まずは人間性から出る「謙虚さ」
モデル時代で培った「魅せ方」、
先天的要素も絡む恵まれた「顔」

そして見栄えがする「身長」
この4つの要素の組み合わせかなと思います。

183センチありますので、
それだけで「主役感」が出ますよね。

人前に出るのは苦手で
一人でいるのが好き、
基本的に落ち着いていて
テンションは低めがスタンダード。
感情を表に出すのが苦手みたいです。


しかし俳優の仕事ですから
時には泣く必要もあれば、
怒る必要もあります。

ですので、こと俳優での彼のポテンシャルは
並大抵のものではないということでしょう。

25歳だぜ?!このまま行けば将来大物間違いないですね。
松坂桃李さん若手注目株トップクラスの俳優です。



びっぐうぇすと
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。