So-net無料ブログ作成
検索選択

従軍慰安婦問題に言及、NHK新会長籾井勝人の経歴を紹介 [ビジネスと経済]

NHK新会長の籾井勝人(もみいかつと)さんが
従軍慰安婦について触れました。
籾井勝人新会長の経歴は?

無題.png
引用元: http://goo.gl/87uHof


2014年1月25日にNHK新会長に就任した籾井勝人さん。
前会長はJR東海の社長である松本正之さんだったように、
大企業の重役起用の多いNHK新会長。

さっそく従軍慰安婦について言及した籾井勝人さんの
これまでの経歴はどういったものなのでしょう。

■籾井勝人さんの経歴




福岡県山田市出身の籾井勝人さん。

九州大学を卒業した後、
1965年に三井物産(東証1部上場企業)に就職します。

32年で部長に就任し、2002年には
米国三井物産株式会社の社長に就任、
2004年には代表取締役副社長執行委員を務めました。


炭鉱の町を裸足で遊んだ周りより
少しだけ余裕のある家庭で育ち、

なにがなんでも東京に出ようという気持ちで三井物産へ。


40年間、三井物産一本でやってきたその誠実さは
社会的に高い評価を得られることでしょう。

そんな籾井勝人さんは、2005年には
日本ユニシス株式会社(IT系東証一部上場会社)で社長になります。

2011年まで社長を務めた後、
同社の相談役となります。


しかし、日本ユニシスでの役職も
NHK新会長をやる上で規定にひっかかるため
現在は退任しました。


籾井勝人さん実は、
日本バドミントン協会の副会長だったりします。


硬派な印象を受ける籾井勝人さんですが、
NHK新会長の就任会見では
従軍慰安婦問題について言及しました。

従軍慰安婦とは戦時中の売春婦のことですが、
韓国が日本にお金をよこせ
といっていることがおかしいと述べ、

今のモラルでは従軍慰安婦は悪い。
と会長会見で言い切りました。

(しかしその後記者に指摘され、
発言を全部取り消しますと撤回していました。)


確固としたジャーナリズムを見せた会見でしたが、
大企業でやってきた籾井勝人さんの経歴は
NHK新会長になってどのように発揮されるのでしょう。


籾井勝人さんは自身の経歴を
半沢直樹よりはおもしろいかもしれない」と述べました。


6167人もの従業員数を誇る財閥系の
三井物産で副社長まで上り詰めたその実力は
尋常なものではないはず。

NHKという凝り固まってそうな組織を
どう変えていくか。見ものですね。



NHKといえば受信料ですが、

籾井勝人さんは良い番組を作るためには
誰かにお金を払ってもらわなければならないと
述べた上で

受信料を国民全員払って欲しい
受信料制度の方向性を述べました。


実際広告なしで運営しているNHKの主な
財源はNHKの受信料です。

国の助成金のようなものもあるとは思いますが、
どうもNHKとしてはお金の問題は潜んでいるようです。


なんだかんだで踏み倒しても問題ないとされてきた
NHK受信料。もし義務化されれば

国民も黙っていないでしょう。


籾井勝人NHK新会長

どう動くか?





びっぐうぇすと
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。