So-net無料ブログ作成

オルフェーヴルの引退式はいつ?有馬記念だ! [エンターテイメント]

オルフェーヴルの引退式はいつ?
今でしょ!と言いたいところですが、
そうはいきません。
2013年12月22日、有馬記念にて、行われます。



フランスの凱旋門賞で
2度も2着という成績を残し、

2011年にクラシック三冠馬
(日本ダービー、皐月賞、有馬記念いずれもGⅠを制覇、
オルフェーヴルは史上7馬目)に輝いた。

オルフェーヴルより前に
クラシック三冠馬に輝いた馬は
まだ記憶に新しいあのディープインパクト

それでも2005年でもう6年前のことです。

その前はナリタブライアン1994年で11年前、
その前は、シンボリルドルフで1983年ですので、
11年前、

オルフェーヴルは10年に一度の
名馬と言っても過言ではないでしょう。

今年の有馬記念、人気が集まっているのは、
もちろん、オルフェーヴルである。



武豊さんが現役で世界一である馬という
高い評価をした馬がこのオルフェーヴルです。

彼女(オルフェーヴル)の引退式は
多くの競馬ファンが
愛しさとせつなさと心強さを胸にすることでしょう。

4季連続ファン投票1位。

通算成績は11勝9敗、
勝率は55%。
2戦に1回は1位です。

11勝のうちGⅠが5つ。GⅡが4つ。
フランスで2勝という素晴らしい内容です。

9敗のうち2着が6回、3着が1回、
10着が1回、11着が1回という内容。

数字で見ても稀に見る名馬であることは
明らかですよね。
獲得賞金は通算13億7000万円ほどです。

サラリーマン7人が
生涯稼ぐお金を一匹の馬が
稼いでしまったと考えれば
如何に荒稼ぎしているかわかるでしょう。

東京ドームの建設費が
大体350億円くらいですので、

オルフェーヴル25馬で
東京ドームひとつ建設できるくらいですね。

定番の東京ドーム換算ですが、
時と場合によってはかえって
わかりにくくなることがあるので、
気をつけましょう。m(_ _)m

さて、有馬記念のレースの距離は
2500メートル、凱旋門賞が
2400メートルですから、

いい勝負をすることは
間違いないのではないでしょうか?!

最後の大一番。

オルフェーヴル

どうなる?!!



びっぐうぇすと
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。