So-net無料ブログ作成

鈴木寧々、ドラフト会議で指名もブログで辞退を発表 [エンターテイメント]

先日、ドラフト会議で
SKE48のチームKⅡ指名の鈴木寧々さんの辞退が
公式のブログで発表されました。

file_suzuki_a.jpg
引用元: AKB48公式サイト


鈴木寧々さんの辞退は
本人の意思によるものとのことです。

なぜ辞退されたのでしょうか?

公式には理由は明かされていませんが、
ファンの中では地理的な要因が
大きいのではないかといわれています。

現在高校2年生の鈴木寧々さんは17歳。

東京に住んでいるので、
SKE48に配属先が決定ということになると
栄なんで名古屋になるわけです。

高校を転校するとかしないとか
そういう話になりますし、

現役の高校生を一人暮らしさせるのも
親さんとしても心許無いですしね。

鈴木寧々さんのために一家
引っ越すわけにもいかないですよね。

お父さんが転勤とかになったとかなら話は別ですけども。



自分らしく全力でがんばった結果。
SKEのチームKⅡの3位だったわけです。
これは悪くない成績ですよね。

それを言い方悪いですが
“蹴った”わけですから
AKB48のチームに所属したいという思いもあるのかもしれませんね。



しかしね?私思ったんですけれども、
せっかく指名があったのに、
17歳の女の子が指名を辞退するというのは、

それはそれで今後のAKB生命に
響いたりしないでしょうか?

もちろん指名されたということなので
指名された側が決定権あるでしょうし、

後々干されるとかそういうのも
無いのかもしれないですけど、

普通の会社的な考えからすると、
「よく“ノー”と言えるな。」
というのが正直な気持ちですね。

高校生と言えどもAKBグループは
激戦なわけですから、こういったチャンスを
自ら手放すことは、

その後の出世にも繋がってくるんじゃないの?
と思ってしまうわけです。
考えすぎですかね?

東京に住みながら高校も行きながら、
SKEの活動があるときは
交通費支給だとしても名古屋まで行くっていうのは

スケジュール的にも無理有り過ぎですかね。
それにしても
AKB関連のアイドル需要は
どこまで続くのでしょう。

もはやプロ野球的な規模で
定着するんでしょうか。
そうだとしたら凄いことですよね。


びっぐうぇすと
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。