So-net無料ブログ作成

林修にかつら疑惑も新語流行語大賞「今でしょ」選出! [エンターテイメント]

今でしょ!で御馴染み、

かつらの疑惑のある林修先生が

ユーキャンの新語流行語大賞に選ばれました。








他に流行語大賞に選ばれたのはこちらです。



「じぇじぇじぇ」 あまちゃん



(クドカンが実際に海女さんに

「じぇじぇじぇ」ってなんですか?と聞いたところ、

驚きを表現する時に使う言葉だと知ったようだ。)



「倍返し」 半沢直樹



「おもてなし」 



滝川クリステルさんがオリンピック招致で

披露したプレゼンで使われたコンセプト。

見事2020年、オリンピック開催地は東京に決まった。



など、大賞に選ばれたのは過去最多の4つ!



候補に選ばれたのは、

アベノミクス、ブラック企業、

特定秘密保護法、ふなっしー、パズドラ、PM2.5など、



いずれも今年よく聞くようになった言葉ばかり。



個人的に2013年のキーワードだと思ったのは、

『ご当地』ですね。



昨年に引き続き、

AKB48やNMB48、HKT48、SKE48などのご当地アイドルや、



ふなっしー、くまモン、せんとくんなどの

ご当地キャラが目立ちました。



そして東北楽天イーグルスが

球団初の日本一に輝くなど、

地域に盛り上がりのある年だったと思います。



ちなみに昨年、2012年の流行語大賞はひとつでした。

そう、スギちゃんで、『ワイルドだろぉ』でした。






スギちゃん。よくある一発屋よりか

長持ちしている感じがしますね。



ちなみに2011年の流行語大賞は

『なでしこジャパン』でした。



昨年の流行語大賞ですら

「あぁ~そうだったなぁ」と

思ってしまうのに、



2011年になると本当

『あぁ~~』って感じですよね。



ちなみに2010年は『ゲゲゲの』でした。

ゲゲゲの女房ですね。

2010年くらいまでは昨日のことのように思い出すものです。







びっぐうぇすと
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

尾崎英二郎さん、ミニブログ(ツイッター)でポール・ウォーカーを語る。 [エンターテイメント]

ポール・ウォーカーさんの吹き替えの
経歴を持つ尾崎英二郎さん。
ポールの死に対してミニブログ(ツイッター)で追悼。



“尾崎英二郎”さんと“ブログ”
という組み合わせで検索が増えているようですが、
尾崎英二郎さんはブログはやられていませんね。

公式サイトと、
有料のメルマガは運営されています。

尾崎英二郎さんの公式ファンサイト






ポール・ウォーカーさんは
44才という若さで事故に
見舞われ死んでしまいました。

有名作『ワイルド・スピード』シリーズは
おととし2011年に公開されたばかり。

まだまだこれからベテランとしての
キャリアを残していって良い年頃。
本当に残念でなりません。




尾崎英二郎さんは
ポール・ウォーカーさんに対して、
マブダチの如く情熱あるツイートを残されています。

尾崎英二郎さんはもともと通訳や、
英会話の先生をやっていたこともあり、
海外映画に関する造詣深い。

出演作品は『ラストサムライ』や
『硫黄島からの手紙』さらに

テレビドラマでは上杉鷹山(ウエスギヨウザン)
にも出演。上杉鷹山といえば、
ケネディがもっとも尊敬する日本人として有名。

腐りきった米沢藩を復活させた現代も
評価される経営のカリスマである。

私はポール・ウォーカーさんの死で、
はじめて尾崎英二郎さんの名前を知ったくちですが、
日本とアメリカを繋ぐ、

強い個性を持った立ち位置にいらっしゃる方ですね。



びっぐうぇすと
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。