So-net無料ブログ作成
検索選択

007発言で話題のセクハラ校長が書いた「顛末書」とは?

セクハラをした校長が
顛末書(てんまつしょ)で「007のようなこと行動」と無理な例えをwww
そもそも顛末書とは一体?


大阪小学校の校長





児童の母親にセクハラ・・・

内容は、メール、LINE、電話を使って
不適切な内容を送ったり、

PTA関係の会合で体を触るなど
していたことがわかった。

自身で行ったセクハラを
否定するために顛末書を書いた。

その顛末書には、
セクハラは「007のような行動」と書いており、
さらに

「女性スパイ(児童の母親)に対して
情報が入るように愛情表現(セクハラ)し、
気を引きに成果を上げる。」と書いている。

これはだいぶ問題があるんじゃないの( ゚д゚)

それにしても校長先生が
LINEなんて活用しちゃって、
結局おかしなことに使ってんじゃん・・・

「007」なんてかっこいいこといっても、
シラけられるだけだよ・・・見てられないよ!

セクハラを受けた児童のお母さんも
恥ずかしいよね。勝手に女性スパイにされて。

PTA関係の会合なら然るべき情報交換があって
なんでスパイやねんww映画の観過ぎですぁな。

スパイっていう言葉を使うってことは、
児童の母親は“敵”っていう認識だと
思われても仕方が無いですよ。

もっと問題が大きくなるよ。

興味深いのは、今回の事件で、
大阪市の教育委員会の幹部は、
反省が足りず、現場に戻すべきではない。


と言っているのに対し、

橋本徹市長はこの件に関して
「絶対に許されない失敗では無い」といっている。
こんなズレがあってもいいの?!(;^_^A


■顛末書(てんまつしょ)とは




会社などで損害を出してしまった際に書く、
事態の一部始終を詳細に記す報告書、
および謝罪文である。

似たものに始末書というのがありますが、
始末書のほうが、
罪を重くとらえているもので、

始末書の場合は、今後このようなことが
あったらどんな処分があってもかまわないという
意味を含めるが、


顛末書の場合そこまでの責任重大さは無く、
あくまで失敗があって、
一部始終を説明して、以後、気をつけます。

という程度のもの。

つまり、今回の校長先生、
顛末書を選んでいる時点で、
自分の罪は始末書を書くほど責任重大なものではない。

と言っているようなもの。

始末書と顛末書の線引きは難しいところ。
顛末書は詫びる気持ちを含まれない。
たかがセクハラ、されどセクハラって感じですね。


■僕の主観


それにしても「007」は無いよねw

顛末書であっても
情報開示を要求される公的な文書になりうるんだから、

「007」とかそういうことは
書いちゃならんよ君~(肩ポンポンッ)
ってしたくなりますよね。

顛末書は自分は007に憧れがあって、
現場はまさに007のような世界で、
スパイに愛情表現してでも

成すべき大義があったとでも言うんですか?
恥ずかしいですよ。子供じゃないんだからさ。

顛末書には
物事の一部始終を書きなさいよwって話ですよね。
あなたの妄想は聞いてませんって話ですよね。

まぁニュースとしては、
これ以上無いウケルネタにはなったんで、

ある意味大阪の校長先生
腹抱えて笑わせてくれてありがとうございます。

っていう大阪はどんだけ笑いにシビアやねん。
っていう話にもなりますわ。

いやいやちゃんと謝るときは謝る。
謝るときまで笑いは追求しない。って言われりゃ
それまでですけどね。

顛末書っていうのもようわかりませんわね。
詫びる意思を含めないっていうのがね。

方法論だけ多岐にわたっているけど、
一番重要な人と人

そこが見えとらんようになったら
なんにもなりゃせん。





びっぐうぇすと
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。