So-net無料ブログ作成

石野真子の実家は昔ビーズ工場だった! [エンターテイメント]

石野真子さんの実家はビーズ製造業?
2013年、最近の動画もご紹介します。


■実家はビーズのハンドバッグ製造


石野真子さんの父親は
ビーズでできたのハンドバッグを
製造する会社を経営していた。

なお、現在では、
ご実家が火事ですべて燃え、

今ではビーズのハンドバッグの製造は行っていない。

現在、石野真子さんの父親は、
家の設計をしている。

(ビーズのハンドバッグを製作するうえで、
図面を取り扱うこもあり、お父さんは、
デザインから設計まで幅広くできると思われる。)


■デビュー35周年!奇跡の若さ


松田聖子さんがこの間デビュー35周年ですから、
相当ですよね。

ビーズといえば、
ロックバンドB'zですら25周年。

10年も先輩なんですね。

すげぇ。まだまだ現役バリバリで美しいです。

石野真子さん52歳。

見えない・・・

靴のサイズ23センチらしいよ?

ちっさすぎるよ~かわいい~。

石野真子さんのデビュー当時の
キャッチフレーズは、“100万ドルの微笑み”

それってむしろ爆笑なんじゃないのww

違うよね~( ´ ▽ ` )ノ




■長渕剛との結婚、離婚もあり・・・


長渕剛さんによる、
家庭内暴力もあったようで、
石野真子さんは、結婚2年ほどで離婚。

結婚を機に引退した石野真子さんだったが、
1983年に復帰。

1990年に元俳優の男性と結婚するも、
1996年に二度目の離婚。


■視聴率80%


2009年に、
NHKの大河ドラマ『いのち』が
キューバで放送された際に、視聴率が80%を超えた。

ヤバwwwwこれによってか、
石野真子さんが、
世界が尊敬する日本人100人に選ばれた。

タレ目と八重歯のかわいらしい石野真子さん、
しかし、八重歯のほうは、
歯を削ってしまったらしく、矯正したらしい。


最近の石野真子さんの動画はこちら


まだまだ若いよね~



びっぐうぇすと
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

清原和博が「オレの魂」で中田翔を痛烈批判。サンデーモーニングでもはじける [スポーツ]

清原和博さんがコラム「オレの魂」で
中田翔を痛烈批判?!

サンデーモーニングに出演し、
張本さんと野球界を切る!


■9月29日サンデーモーニングにて


清原和博さんが、
サンデーモーニングに出演されました。

そこでは、張本さんとの意見が綺麗に別れ、
清原和博さんの野球に対する独自の
姿勢がうかがえる内容でした。

張本さんは、楽天の球団初の優勝に
「あっぱれ」を出したのに対して、

清原さんは、ホームでの優勝を
許してしまった西部にマジメな表情で「喝!」

これには、清原選手が、西部在籍時に、
リーグ優勝8回、日本一6回に貢献していることもあり、
愛情とプライドの喝であった。

なお、開幕22連勝という怒涛の記録を
たたき出している田中将大選手に対して、
一度対決してみたいと語っている。

広島の前田智徳選手の引退に対しては、
自身もケガで苦しんだため、
同調の意を示していた。

とても面白かったのが、メジャーで、
大乱闘が紹介された際に、

張本さんが「喝」にたいして、

清原さんは、「あっぱれ」と意見が分かれた点だ。

清原さんは、お客さんは楽しんでいて、
野球の娯楽としての一面を認め、
お客さんは

ホームランもトンネルも乱闘も
見たいものだと語った。

なるほど、清原さんらしい感じがしますね。




■清原和博が中田翔を“けちょんけちょん”に叩くワケ・・・


清原さんによる9月21日の
日刊スポーツでのコラム『オレの魂』では、

中田翔選手を痛烈に批判している。

・本塁打記録更新のバレンティンに
 関心していたら一人の勘違いヤロウを見つけた。

・通算本塁打は100本にも満たないのに
 変な髪型をして大物きどり。

・お前が55本塁打を語るな。

・18歳の後輩(藤波投手)にスローボールを投げられ
 コントみたいな茶番劇をみせるんか?

これほどまでに中田翔選手を
叩いていることには、ある理由がある。

それはつまり、清原さんなりの愛のムチである。

清原さんは、以前、

中田翔選手のことを自分の後継者であると語っており、

自ら指名して、中田翔選手と
対談をしたこともある。

中田翔選手がプロになって母親を
楽させたいという思いも清原さんは知っている。

そんななかで、清原さんは、
中田翔の甘さを厳しくしつけている。

愛情の怒号であると言える。




■僕の主観


それにしてもコラムで
批判されるっていうのは、

かなり威力ありますよね。

清原さんだったら、中田翔さんに直接、
「最近ちょっとたるんどるんちゃうか?」と
指摘もできるはず。

しかしコラムで批判するというのは、
大勢の大人が見守る中で、
説教をしているようなもの。

世間におおっぴらになっているというのがポイントだ。

中田翔選手もこれだけ大々的に、
清原からの気持ちが露にされたのだから、
心中穏やかではない。

大先輩の期待をプラスに転換できるか?

表面的には、

ボロクソに叩いているように見えるが、

これは清原さんからの試練であり、
熱いエールなのである。

本当に見損なってたら
わざわざこんな風にして叩かないよね。



びっぐうぇすと
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。