So-net無料ブログ作成

中村うさぎ、病気の原因は?関連動画あり [エンターテイメント]

中村うさぎさんが病気。原因はなんだ?一時心配停止。高梨クリニック院長が
ブログで明かす。中村うさぎさんの現状。動画もちょいと紹介しますね。


■ギラン・バレー症候群の疑い


中村うさぎさんは、
下肢に力が入らないと言っており、

中村うさぎさんの知人である、
高梨クリニックの院長は、

中村うさぎさんが、四肢にしびれ、
動かなくなる病気『ギラン・バレー症候群』ではないかと予測している。

なお、中村うさぎさんの最新の情報は、こちらで確認ができる。
http://takanashi.livedoor.biz/


中村うさぎさんの関係者の多さですよ。

9月19日の最新の記事では、
中村うさぎさんは集中治療室に入室されており、

絶対安静が必要な状態。

「病院へ面会の問い合わせがご遠慮下さい。」
というタイトルで記事が書かれている。

おそらく多くの関係者が病院に電話をして、
パンクしてるんでしょうね。

死期が近づいているとでも思ったのか。
集中治療室に入れられてる段階で
面会なんて無理だろ。おちつけって。




■ギラン・バレーかどうかは定かではない。


中村うさぎさんに異変があったのは、

7月の末あたりからで、嘔吐、
食欲不振が起こる。その後、

手足の震えや、
下半身に力が入らないといった症状。

おそらくこの症状が元で、
ギラン・バレー症候群じゃないかと
思われているのであろう。

レギュラーで出演しているテレビ番組
「5時に夢中」も出演をやめるようになる。

9月にはいったら、食欲不振は
さらに深刻な状態に。ご飯、飲み物も
喉を通らない。

興味深い症状として、
体はどんどん痩せていくが、
顔はパンパンに腫れているとのこと。

そして、10分の心配停止。
意識は戻るも、現在集中治療室。

原因不明の難病であることは確か。


■僕の主観


8月時点での食欲不振は
中村うさぎさん当人としては、
夏バテかな~くらいのもんだったらしいです。

怖いですな。

ぶっちゃけた話、私は、
今回心配停止のニュースを知って
はじめて中村うさぎさんの
存在を知った次第ですけど、

中々人望あつい方だったみたいですね。

既に死んだ人みたいに話してますが、
まだ死んでません。

なくなられたのは任天堂の元社長。

中村うさぎさんは、
整形手術を何度か行ったり、
独自の考え方で、人気のある作家さん。

くせのある女性で、
好き嫌いが別れるところですが、
濃いファンは多い。

なぜなら高梨クリニックのブログにも
多くのファンのコメントが寄せられている。

あ、週刊文春の連載エッセイでの内容が

遺言みたいになってますね。

55歳か。まだまだ逝くには、

早いですな。延命を希望。



びっぐうぇすと
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

低所得者向けの現金支給制度、1万円給付であなたは納得? [政治]

消費税増税に伴って、低所得者向けの現金支給制度として、
1万円が給付されることになった。

消費税が2014年に8%になり、
2015年に10%となる予定がたっている。

要するに、

「1万円上げるから消費税を上げるの許してよ。」

そういうことであろう。

まぁなにもしないよりはいいかもしれない。

しかしこれであなたは納得する?


■なんで1万円?


どうして1万円という数字になったのかと、

理由は、低所得者の年間の食費にかかる消費税が
平均したら大体6千円になるから。ということ、

一応、多めに見積もってくれてるんだね。

でもちょっとまった。年間に食費に
消費税6千円ってことは、

年間12万円食費に使ってるってことだよね。

食費は、一ヶ月で1万円か。
低所得者って一ヶ月に食費1万円って考えると、

黄金伝説もそう遠くないですよね。

だって一日に330円しか食費に当てられないんだぜ?

ケチりにケチらないと、
とてもじゃないけどやってられない金額しか
稼いでないってことになるよね。

マクドナルドもいけねぇっつ~の。

いけるけど、セットなんて注文できねぇじゃん。


■俺は私は支給される?


今回、低所得者というのは

住民税非課税世帯を対象としており、
住民税非課税世帯というのは、
大体90万円くらいまでである。

ちなみにこの数字は非常にあいまいで、
地域によっても様々。「世帯」とあるので、

例えば、夫の年収が500万で
妻の年収80万円では、たぶん、
住民税非課税世帯には当たらない
ような気がする。

この辺については、
私は専門家ではないので、
正確な解答ができないのが申し訳ない。

年収が90~100万円の方であれば、
低所得者に該当すると思う。

ちなみにこちらのサイトで具体的な住民税等の数字を割り出すことができる。
⇒ http://www.zeikin5.com/calc/

あくまで、内訳がわかる場合はですけどね。


■僕の主観


1万円給付なんて当てにしてないから
別にどっちでもいいよね。

今回、2400万人の低所得者を対象に、
1万円が給付されることになった。

実は、1989年に初めて
消費税(3%)が導入された時にも、

今回のように、一回だけ現金が
給付されるということがあった。

消費税増税すると決まって、なぜするのか?
そのへんを明確に国民が納得しているか
どうかは知らないが、

少なくとも低所得者層を納得させるために、
短期的ではあるが、1万円給付は認められるでしょう。

といっても基本的には、
みんな反対だったみたいですけどね。

該当する2400万人は相当な数ですけど、
日本の人口は1億2700万人くらいなんで、

2400万人は人口の5分の1。
他の人たちが納得してなかったら、
トータルで考えたらそら、「反対」ってことにはなるわな。

私の場合は、はっきりいって、
そんなにキツイ生活になったことがないので、

好きにすれば?って感じですね。

大事なのは、国民がどれだけ望んでも
変わらない頑固な日本の構造の上で、

稼ぐ力を付けるにはどうしたらいいか?

それを考えるってこと。

四の五の言わず、自分で稼げば
なんの問題もないってこと。

会社に、他人に、国に
頼ってる場合じゃないって。

大事なのは自分だから。

自分以外に信頼できるものなんてない。

それぐらいシビアになったほうがいいよ。

時にはね。

信頼、信用あるところにお金は動く。




びっぐうぇすと
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。