So-net無料ブログ作成

2013年台風18号の進路予想、米軍はどうだ?! [ビジネスと経済]

9月14日時点で、
台風18号の進路は若干変わってきている。


■肌で感じる。台風の気配


台風18号の上陸は、

3連休の最終日、
16日の朝7時頃との予想でした。

本日、9月14日、さほど、
電車などに、悪影響は出ないだろうと思っていたが、
すでに電車にも運転の見直しが行われていた。

名古屋なんて全然影響ないだろう。
そう思っていたが、
JRから名鉄(名古屋鉄道)への

臨時の振り替え輸送が行われていた。

この調子では、
明日15日もあまり外出はオススメできない。


■台風18号、米軍の進路予想


wp1613.gif
引用元:
http://www.usno.navy.mil/JTWC/


東京、千葉、神奈川、埼玉、関東は
全滅の予想ですね。

前回の台風17号では、北にそれたので、
台風の影響はさほどありませんでしたが、

その代わり、熱帯低気圧の影響で、
東海地方が大変な、豪雨でした。

15日の夕方18時頃から、
和歌山、三重県、南のほうから、
雨や強風になりそうです。

16日の昼~15時頃には、関東は、
暴風域に入る予想です。

東北地方もこのままいけば、
台風に捕まる恐れがあります。

17日には、北海道も多少雨や
強風に見舞われる可能性があります。


■hPaについて


hPaという表記について簡単に説明しますね。

台風って、ニュース見てても、
インターネットみてても、

なにかとわからない単語が出てきますよね。
hPaはヘクトパスカルといって、
気圧を意味します。

通常1気圧は1013ヘクトパスカルです。

今回押し寄せてきている、
台風18号は、985hPa(ヘクトパスカル)ですから、

通常の1013よりも、低い。
つまり低気圧になっています。

そもそも台風=低気圧です。

ヘクトパスカルは、
1013より低ければ低いほど、
台風の勢力が強いことを示します。

900台後半であれば、
強い台風さんが来たな。
くらいの認識で良いです。

885hPaくらいになると、
天気予報士さんは「猛烈に強い台風」を呼びます。

なので、今回の台風は、単純に、
強い台風です。

hPa(ヘクトパスカル)は数値が
低ければ低いほど、
台風が強いと覚えておきましょう。

最新のニュースを動画でお届けします。




びっぐうぇすと
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。