So-net無料ブログ作成

浅田真央VSキムヨナ、ソチオリンピック金メダルの可能性はどちらも十分。 [スポーツ]

スポンサーリンク




ソチオリンピック開催。
女子フィギュアスケートで、
浅田真央VSキムヨナ楽しみですよね。

どちらも金メダルを取る可能性はあります。
浅田真央さんは23歳にして
今大会で引退を決意しています。




ソチオリンピックで引退を決意しているのは
浅田真央さんだけではありません。

男子フィギュアスケートの
高橋大輔選手もそうです。

高橋大輔選手や羽生選手
ソチの場所について触れた記事がこちら。

ついにソチオリンピック開催。日本代表選手人数は100人越え。


高橋大輔選手と言えば、
ショートプログラムで使用する楽曲
「ヴァイオリンのためのソナチネ」の作曲が

佐村河内守さんではなく、
新垣隆さんだったことが判明しました。

そちらについての記事はこちら。

佐村河内守のゴーストライターが誰か判明。彼が全聾ではなかったことも。




浅田真央VSキムヨナは最終局面を迎えました。



前回大会バンクーバーオリンピックでは
キムヨナ金メダル、
浅田真央銀メダルでした。

バンクーバーの前は
トリノオリンピックで
荒川静香さんが金メダルでした。

バンクーバー以降、
浅田真央さんは母親が
48歳にして亡くなったこと、

2011年~2012年に腰痛で
苦しんだことを乗り越えて、

2013年は10月グランプリシリーズ
スケートアメリカで優勝、

11月にグランプリシリーズNHK杯で優勝。
グランプリファイナルで優勝し、

優勝の内容はショート、フリー共にすべて1位。
合計スコアはいずれも200点越え、
フリープログラムの自己ベストを更新し、

完全復活を遂げました。

1点だけネックなのは、
2013年12月、グランプリファイナル後の
全日本選手権で3位になったことです。

全日本選手権で215点を叩き出した
鈴木朋子選手が1位を獲りましたが、
彼女の爆発は異例だと思います。

オリンピックではやはり
浅田真央選手が上位に上がってくるはずです。

バンクーバーで金メダルを獲得したキムヨナ選手。






ソチオリンピックでも彼女が
金メダルを取る可能性はぶっちゃけ高いです。



キムヨナ選手は女子シングルで
はじめて200点台を出した選手で、

バンクーバーオリンピックでの総合得点
228.56点は今でも誰にも抜かれていない
歴代最高得点でギネス登録されています。

本番ではめっぽう強いんです。

バンクーバー以降、
浅田真央VSキムヨナは
2010年の世界選手権で

浅田真央がキムヨナを下し優勝
(結局、浅田真央がキムヨナに勝ったのこの時だけ)
それから白熱したバトルはなく、

キムヨナ選手は2011年の世界選手権では
不調で安藤美姫に敗れ2位でした。

(ちなみにこの時の賞金220万円は
東日本大震災のために寄付しました。キムヨナ素敵)

2013年に入ってキムヨナ選手は
少しずつ調子を取り戻し、
韓国のフィギュア選手権で210点、

ロンドンで行われた世界フィギュア選手権で218点。
共に優勝でした。

2014年現在、絶好調で
1月に行われた韓国フィギュアスケート選手権で
227.86点を叩き出しました。


やっぱりキムヨナのほうが金メダルの可能性高いか…



韓国のメディアは浅田真央とキムヨナでは
キムヨナのほうが圧倒的に金メダルの可能性が高い
と報道しています。

日本のメディアは
浅田真央が有利とは報道していません。

両者どちらも仕上がりは上々で
若干キムヨナ選手のほうが
調子が上向いている感はあります。

しかし2014年1月の227.86点が
ピークであると考えれば
ソチオリンピック金メダルは浅田真央選手の可能性もあります。

もしかしたらキムヨナ選手は
ソチオリンピックでも歴代最高得点で
自分の記録を自分で塗り替え、

ギネス記録を再び更新するかもしれません。
それだけは避けたい!



キムヨナ、3連覇ある・・・?!



もしそうなったらキムヨナ選手はまだ
23歳ですからバンクーバー金メダル、
ソチ金メダル、

次のオリンピックでも金メダルで
3連覇の偉業の可能性も見えてきます。

いかん・・・どんどんキムヨナ選手が
金メダルを取るような気がしてきた。

安定感で言えば浅田真央選手は
キムヨナ選手以上でしょう。

純粋な実力で考えればキムヨナ選手のほうが
浅田真央選手より上だと思います。

私は日本人ですからもちろん
浅田真央選手の金メダル獲得の可能性を
期待しますけど、

正直、冷静に判断して
キムヨナが金メダルかなと思います。



がしかし、鈴木朋子選手が金メダル獲得も有り得ます。






もはやソチオリンピックの女子シングルフィギュアスケートは
浅田真央かキムヨナのどちらかが
金メダルを獲ることを前提に話してますけど、

現実にはなにが起こるかわかりませんからね。
鈴木朋子さんが獲るかもしれません。

肝心の女子フィギュアの競技日程は

2月19日
女子シングルショートプログラムで
日本時間で19時~。

2月20日が
女子シングルフリープログラムで
19時~。

男子は
2月13日19時~ショート、
14日19時~フリーです。

銀メダル、銅メダルは眼中に無いぜ!
浅田真央に有終の美を!




びっぐうぇすと


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。