So-net無料ブログ作成
検索選択

巨人の打撃の神様こと川上哲治が死去 [スポーツ]

スポンサーリンク




巨人、伝説の元プロ野球選手、
“打撃の神様”と称された
川上哲治(かわかみてつはる)さんが、死去。93歳でした。



日本シリーズを前に巨人、負けられないね!




■川上哲治さんとは?


1965年~1973年の9年間連続、
巨人を日本一(史上初)にしたてあげ、

黄金期を築いた監督として
奇跡の手腕も持っていた
川上哲治さん(現役時代は名前の読みてつじ)、

現役時代の成績は生涯打率3割越え、
19歳で史上最年少首位打者を獲得した

まさに打撃の神様の名を欲しいままにしてきた
伝説の人である。1953年には
当時史上初の1500本安打さらには、

2000本安打を達成。

背番号16番は永久欠番となっており、
名言「ボールが止まって見える」を残した。

川上哲治さんが巨人の監督をされていたとき、
長嶋茂雄さん、王貞治さんなどの伝説的な選手が
巨人のメンバーだった。

アニメ「巨人の星」にも名監督扱いで登場した。




■僕の主観


川上哲治さんは“打撃の神様”の称号は
自分にはふさわしくないと言った。

最もふさわしいのは、
榎本喜八(えのもときはち)である。といった。

榎本喜八さんにしても興味深い人物である。

19歳にして1年目から
97四死球(歴代1位)という選球眼を持つ選手だった。
昨年2012年ガンで亡くなっている。

巨人を語る上で
決して外すことのできない名選手、
名監督が逝かれた。

現在50代くらいの方であれば、
野球に疎い人ですら名前は知っているであろう。

川上哲治さんのオフの過ごし方は、
石を磨くことだった。
そこにどんな意味があったかは、わたしにはわからない。



びっぐうぇすと


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。