So-net無料ブログ作成
検索選択

半沢直樹とは無関係。山崎豊子、ついに死去 [ビジネスと経済]

スポンサーリンク




山崎豊子さんが死去しました。
半沢直樹との関係はありません。動画ご紹介します。


■半沢直樹との関連性は?


一切ありません。

半沢直樹は最終回の視聴率が
42.2%を記録するなど、

現実社会に沿った
内容であったため、

作風が山崎豊子さんと
どこか似ているという噂がたちました。

しかし、接点はありません。

半沢直樹の原作は、
下町ロケットでおなじみ、池井戸潤さん。

もし、半沢直樹の原作が、
山崎豊子だったとしたら、

いまどき
もっとニュースは大きく取り上げられていたことでしょう。


■心不全


山崎豊子さんは88歳でした。

死因は心不全。

新作、『約束の海』の連載が決まっていました。

なんとか完成していたようです。

非常に影響力のある作家でした。

日本の闇の部分をしっかりと
描くことのできる類まれな才能の持ち主でした。

『花のれん』で直木賞を受賞。

代表作には、

『白い巨塔』
『華麗なる一族』
『大地の子』
『沈まぬ太陽』
『不毛地帯』

映画化、ドラマ化も多いので、知っている人も多いはず。


■僕の主観


いやぁ・・・とうとう
お亡くなりになってしました。

ご冥福をお祈りします。m(_ _)m

私はつい最近
『沈まぬ太陽』を映画みましたので、
感慨深いなと思いました。

沈まぬ太陽では、

日本の航空会社の腐敗を描いた
現実味のあるストーリー

原作1999年2009年映画化。

そして、2010年にはJAL倒産するという、

まるで未来を予知したような作品でした。

京セラKDDI社長で、
会長である、稲盛和夫氏が
一年で正常な経営状態に戻すという

奇跡的な回復も記憶にあたらしいですね。

作品では、渡辺謙主演で、
不条理な左遷や、
かつての盟友の裏金作りなど、

なんとも煮え切らない感情を
抱かせる作品だった。

白い巨塔にいたっては、
映画化もしているし、

五回もテレビドラマ化されている。

原作は1965年にはじまっており、

長い年月をかけて愛されている作品である。

今後も日本の汚いところも
描いていく作品は私自身楽しみであり、

その手の作風では、
不動の地位を築いていた
山崎豊子氏の死去は残念でならない。

動画がこちらです。



びっぐうぇすと


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。