So-net無料ブログ作成

自炊代行は著作権侵害にあたるか?東野圭吾ら、東京地裁までもっていく [ビジネスと経済]

スポンサーリンク




自炊代行は著作権侵害か?!
東野圭吾さんら7人の作家、漫画家が東京地裁で勝訴!


■自炊代行とは?


そもそも“自炊”とは、
自分でご飯を炊くこと。ではない。

本をスキャンして、
電子書籍化(PDFなどのデータ化)して
PCや、スマートフォン、タブレット端末などで、

閲覧できるようにするためのこと。

ようするにスキャンだ。

これに代行が付くので、
代わりに自炊しますよ?ということ。

スキャナーがあれば、
個人でも誰でもスキャンできる時代。

しかし、1ページずつスキャンするのは
面倒だし、時間がかかる。

スマホの普及や電子書籍が出回りはじめてから
自炊の需要は高まった。


■著作権侵害


東野圭吾さん、浅田次郎さん、
大沢在昌さん、林真理子さん、永井豪さん、
弘兼憲史さん、武論尊さんら7名の作家、

漫画家が自炊代行を行う業者に対して、
提訴した。

ことの発端は、
2011年9月、作家122人と出版社が
業者約100社に業務の中止を求めたが

2社がその後も事業を継続しており、
2012年に提訴。

2013年9月30日、
2社に140万円の賠償金と、
業務の取りやめの判決が下された。

著作権侵害と認められたということか。


■僕の主観


現在もグレーゾーンを行く自炊代行業者。

今回の東京地裁での判決があっても、
不当な判決であったと言う自炊代行業者もいる。

こちらを御覧いただきたい
http://goo.gl/tiVFEu

さぁ。有名作家を相手にどう戦っていくのか。

これについては、
自炊代行業者が訴える当然の権利、
つまり違法ではないという主張がある。

そもそも紙のデータ化は著作権法では、
複製にあたるため

著作権者の許可が無いと原則、違法。

しかし、抜け道がある。

私的利用に限っては例外的に合法である。

どういうことかというと、
例えば、あなたが自分の好きな漫画を所有していて、
それをスキャナーで自分でスキャンし、

電子書籍化し、PDFにして、
スマホで読んだとする。

この場合は何の問題もない。

私的利用に該当するため合法だ。

では、この自炊の工程を
業者が代行した場合にどうなるのか。
という話である。

私的利用をより簡単にするための自炊代行。

自炊代行は基本的に、
利用者、自炊をして欲しいお客さん、
読者がこの本スキャンしてくださいといって

自炊代行やさんに依頼し、お金を払う。

読者が本を持ち込んでいるために
すでに著作者にお金を払い購入した後になるので、

私的利用の範囲での複製ではないかということだ。

ここで、本は無いが
だれだれのこの本を電子書籍で下さい
といって自炊代行業者に依頼した場合は、

業者がその本を所有していたとして、
著作者に許可をとっていなければ犯罪である。

線引きが難しい自炊・・・

未だ自炊代行業者はいくらでもいる。

おそらく作者などの著作者側の言い分はこうだ。

もし、私的利用であったとしても、
利用者が友人などに、データを送信したら、
もう取り締まるのが難しい。

そうすれば本来、有料のコンテンツが無料で出回ることになる。
違法なのに、でも捕まえるのは難しい。

本に限らず、
CDの複製に関しても同等に
複製が簡単なものなので、

取り締まるのが難しい。

しかし、簡単に複製されてしまっては、
買ってもらう必要がなくなってしまう。

そんなことでは、
著作者側としておまんまの食い下げである。

読者が必ずしも、
私的利用にとどめるかどうか。
それは誰にもわからない。

著作者にとって健全でありがたいのは、

読者が読んで、
読者が知り合い、友人などに、
この本良かったよ!買ったほうがいいよ!
と推薦し、

売り上げがあがることだと思う。

一度データになって出回れば、

この本いいぜ!といって延々と
無料で読まれる可能性があるのだ。

正直、いくらでも法を犯している個人は
いるだろう。

複製を簡単にしてしまう
自炊代行業者の首を絞めたいのは、

作者側としては当然のことである。



びっぐうぇすと



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。