So-net無料ブログ作成
検索選択

半沢直樹、瞬間最高視聴率、最終回にて、最高記録達成。40%越え。 [エンターテイメント]

スポンサーリンク




ドラマ、半沢直樹の最終回の瞬間最高視聴率は46.7%です。すげぇ!記事最後に動画もあります。

平均視聴率ですら42%。2013年年間最高視聴率達成!


■今世紀最高


平均視聴率40%を達成した『家政婦のミタ』を
半沢直樹は抜きました・・・恐ろしい。

それ以前の記録では、
2000年の『ビューティフルライフ
(キムタク主演)が最終回で41%。

この記録も抜き、歴代4位の記録となった。

ちなみに1位~10位の
歴代視聴率ランキングはこちら。

数字は平均視聴率です。

1位 積木くずし      45.3% 1983年
2位 水戸黄門 第9部   43.7% 1979年
3位 女たちの忠臣蔵    42.6% 1979年
4位 半沢直樹       42.2% 2013年
5位 ビューティフルライフ 41.3% 2000年
6位 熱中時代       40.0% 1979年
7位 太陽にほえろ     40.0% 1979年
8位 家政婦のミタ     40.0% 2011年
9位 3年B組金八先生    39.9% 1980年
10位 ひとつ屋根の下    37.8% 1993年


参照元:
http://nendai-ryuukou.com/article/026.html


1979年のランクイン率がすごいですね?!

なにがあったんのでしょう(;^_^A 
単純にテレビが3種の神器といわれた
時代だったからでしょうか。

2000年代の作品は全然
ランクインしていませんね。

そんな中で家政婦のミタや
半沢直樹が40%を超えているのは、

テレビもまだまだ捨てたもんじゃないことを
数字で証明してくれていますね。

そう、“テレビ離れ”なんて言葉が
出始めたのも最近の話。

家電メーカーもテレビの
値段は下げるばかり。

薄利多売の世界。

買いやすくなったという点では、
テレビを所有する世帯自体は
昔よりも増えたでしょうね。

しかしそれと瞬間最高視聴率は別ですよね。

しかもインターネットが普及したこのご時勢。

テレビ以外の媒体、
スマートフォンやタブレット端末でも
気軽に動画コンテンツ

楽しむことができるようになりました。

最近発売したiPhone5Sに
最初からワンセグ機能はついていません。

そんな時代での
ドラマ瞬間最高視聴率更新は嬉しいでしょう。

Youtubeといった
インターネットコンテンツを
気軽に見られるようになったものの、

本質的なクオリティは
テレビに叶わないということで、

やっぱりテレビを見るという人が
増えているのかもしれませんね。


■僕の主観


多くの共感を得たものが支持される。

そういうことですよね。

銀行員、サラリーマン。
多くの人の痛み、不満、欲求。
感情ですよね。

感情の渦を沸き起こしています。

半沢直樹は多くの人の共感を得たんですよね。

これからも時代の流れとかは
あまり関係ないってことですよね。

その時その時感じている。

多くの人の悩み、不満、欲求、怒り。

そういった感情に共感をしたものが
受けるわけですな。

不況と言われる時代で
嬉しい悲鳴をあげている企業は存在する。

不況というのは、
平均した数字でしかない。

数字を構成している
人の感情を知らなければならない。

おめでとうやで、半沢直樹

動画がこちら



びっぐうぇすと


↓関連動画↓


あまちゃんと半沢直樹のどちらも出演する男
https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=65183289

半沢直樹、他、2013年夏のドラマの視聴率
http://bokuno-news.blog.so-net.ne.jp/2013-09-06-2

半沢直樹の簡単な概要と過去の記事
http://bokuno-news.blog.so-net.ne.jp/2013-08-26-1


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
僕のニュース( ´∀`)ノ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。